fc2ブログ

インボイス制度に対応した 請求書

事業者の人達にとって、毎月の請求書など、事務作業の負担は悩みの種のひとつです。
かといって、作業をこなさないとビジネスが回りません。
しかし、そればかりに時間と手間をかけるわけにもいきませんよね。
もっと、請求業務を効率化したい・・・。


そのような方にオススメしたいのが「マネーフォワード クラウド請求書」です。
請求書作成  送付 受け取りが、まとめて管理できるクラウド請求ソフトです。

クラウド型請求書を使えば、誰とでも、どこにいても、スピーディーかつスマートに請求書作成・管理ができるんです。

マネーフォワード クラウド請求書について



<従来の請求業務との違い>


 
得意先と品目を選ぶだけで
   簡単作成

 入力が大変で時間がかかっていた

ワンクリックで郵送できる
 印刷・封入・郵送が手間だった

一元管理と一括操作で
   業務のシンプル化

 顧客数が増えると管理が複雑だった



こんな感じで、請求書にかかわる作業時間を大幅削減できます!





<特徴的な7つの機能>
1.代理郵送
パソコン上で郵送が簡単にできます

2.4つの帳票作成
1つの見積書データから、「見積書→納品書→請求書→領収書」といった変換が可能

3.売上レポート自動作成
自動で売上レポート作成し、入金・未入金も一目でわかります。

4.請求書を毎月自動作成
「毎月自動作成」機能を使うと、ミスと手間が削減できます。

5.複数人で利用可能
複数人で同じデータを閲覧できることなどが可能です。

6.「マネーフォワード クラウド会計」と連携
「マネーフォワード クラウド会計」と自動で仕訳データの取り込みが可能で、売掛金管理の手間が削減できます。

7.クレジットカード決済
取引先からの支払いを、クレジットカード払いで受付可能です。


毎月作成する請求書は一度スケジュールを登録すると、自動で定期発行ができるようになり、これなら繁忙期に起こりがちな発行漏れも防ぐことができそうですね!

そして、会計ソフトとの自動連携ができることなども、手間が削減され、会計処理の効率も格段に上がると思います。


<「マネーフォワード クラウド請求書」の強み>
さらに、『マネーフォワード クラウド』は、電子帳簿保存法インボイス制度にも対応しています。
業務がよりスムーズなものになり、紙保存のコストや支払処理に使う時間を大幅に削減することができますね。

そして、サポートも万全で、安心安全
チャットやメールで、経験豊富なスタッフが悩みを解決してくれます。

初心者向けの使い方動画なども用意されています。


<利用料金>
利用料金ですが、初期費用・アップデート費用は0円。
利用人数に応じて、お得に利用できる料金体制があります。
2023年5月現在、通常月額5980円の有料プランの機能が無料で試せる「1ヶ月無料トライアル」開催中です。
マネーフォワード クラウド導入の検討中の方は、この機会に1か月無料で試してみませんか?

↓宜しければココから無料で試せます
【無料ではじめる】請求書ソフト【マネーフォワード クラウド請求書】




スポンサーサイト



個人事業主のための 簡単「開業届」

個人事業主という働き方を、最近よく耳にします。
パートやアルバイトのほか、個人事業主として、さまざまな形で副業をされる人も増えているようですね。


さて、個人事業主として事業をはじめる時に必要な「開業届」。
個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類ですが、時間や手間がかかり作成するのが面倒だと思っている人はいませんか?


開業届を無料で作成できるサービスがあるのをご存知でしょうか。
最短5分で作成完了できる「マネーフォワード クラウド開業届」の紹介をしたいと思います。

ポイント



3ステップで開業届を作成
1.いくつかの質問に答えて書類作成の準備をする

2.フォームに沿って必要な情報を入力する

3.作成した書類を提出すれば、開業手続きが完了!


これなら、知識が無くても簡単に手続きができそうですね^^

 
「マネーフォワード クラウド開業届」がおすすめの理由
✔ 登録から作成まで完全無料でできます
✔ 書類作成から提出までスムーズで、提出場所も迷いません
✔ 操作に関する質問は、メールやチャットで問い合わせ可能!


初心者でも安心ですね!


開業届が必要な方は?
✔個人事業主、フリーランスとして新たに事業をはじめた人。
✔副業として、事業所得にあたる収入がある人


開業届が必要になる“事業”とは、あるサービスを提供して、報酬を得る行為を一時的ではなく継続的に行われるもののことです。

ある程度の収入が見込めるなら、いずれ税金を納めることになると思います。
所得税の確定申告は、“白色”と“青色”がありますが、どちらかで申告をしなければなりませんよね。
開業届を出しておくことで、青色申告承認申請書を提出した上で青色申告を行えば、最大55万円の青色申告特別控除を受けることができるのだそうです。
このように、税務的な観点でも、節税効果などのメリットがあるといえそうです。


たとえ副業でも、事業規模になってきたと感じたら“開業届”を提出すべきか検討してみましょう。
原則として開業してから1ヶ月以内に提出しなければならないそうですよ。


マネーフォワード クラウド開業届」なら、自分で1から作るよりも簡単にできそうですね。
わかりづらい箇所でも、テキストでの補足があったり、適切なコンテンツを表示してくれたりと、いちいち調べずに必要事項を入力できるみたいで使いやすそうです!
また、開業後のサポートも充実しているので、安心です。

↓↓詳細を見る
開業書類を自動作成!【マネーフォワード クラウド開業届】